7月の旬野菜 枝豆


product1_yasai2

ビールの美味しい季節になりました。
ビールの旬が夏なら、お供の枝豆も、夏が旬の野菜です。

塩ゆでは定番ですが、近ごろは、袋ごと中華風の味付けをした枝豆なども人気がありますね。
中身をぷつぷつっと全部出して、そのまま色々な料理に入れたり、すり潰してソースや冷製スープにしたり、様々な食べ方を楽しめます。

 

ところで、枝豆って何でしょう?

答えは、大豆です。

左の写真のように熟していない状態で収穫します。
農家で撮らせていただきました。

根のコロコロした丸い物は、根粒菌といって、大豆と共生し、窒素などの栄養を大豆に送り込んでくれます。大豆が安全に美味しく育つための大事な菌です。
マメ科の植物につく根粒菌は、無農薬や有機の農法で、他の作物を育てるときにも活用されることがあります。

 

そんな枝豆は美味しいばかりでなく、大豆ですから、栄養価もとても高いのです。

タンパク質、ビタミンB1、カリウム、鉄分、食物繊維など、たくさんの栄養素が含まれ、いろいろな効果があります。
ビタミンB1は疲労回復、カリウムは血圧を正常に保ち、夏の暑さに弱りがちな体を内側から支えてくれるでしょう。
食物繊維や鉄分は、不足しがちで悩んでいる方も多いのでは。
低カロリーでタンパク質が含まれますから、ダイエットや美容にも有効です。

 

kohukuでは、とれたての枝豆を枝付きで販売しています。
食べる直前に青々した枝からもぎ取った枝豆は、一味違います。是非お試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)