2016年12月13日

ぷるぷるコラーゲンのスープストック


kohukuのスープは、スープストック(だし)から自家製。
丁寧に育てられた野菜のために、スープも丁寧に作っています。

 

こんな状態の生の材料から、下処理をして臭みや汚れをとるところから始まります。
ありのままの素材に触れると、命に感謝し、食べ物を大切にしようという気持ちが高まります。

鶏がらの一部(モザイクのない画像にリンクしています)

鶏がらの一部(モザイクのない画像にリンクしています)

牛スジ

牛スジ

肉や骨を、野菜やスパイスと一緒に煮込みます。
あくをとり、スパイスを足し、煮込みながら味を調えていきます。化学調味料は使いません。

野菜と鶏がらを煮込む

野菜と鶏がらを煮込む

牛すじを煮込む

牛すじを煮込む

ことこと何時間も煮込むと、コラーゲンがとろとろになります。
鶏ガラスープからは、だしの出きった材料を取り除きました。

キッチンに、臭みのないだしの匂いが広がります。

鶏がらのスープ

鶏がらのスープ

牛すじのスープ

牛すじのスープ

こんな、肌にも嬉しいコラーゲンたっぷりのスープストックをふんだんに使い、仕上げるメニューは、あくまでスタンダード。
奇を衒わないからこそ素材の味が活きる、ごちそうスープです。

 

左から、
自家製7daysベーコンと季節の野菜のやみつきスープカレー
Wコラーゲンで作る ごろっと野菜の牛スジシチュー
自家製無添加チキンストックで作る kohukuのfarmer’sクラムチャウダー

soup3

 

スープカレーには季節の野菜や自家製ベーコンを底までたっぷり。
野菜の旬、入荷状況により、内容が変わります。
カレーはやや辛口です。

ある日のスープカレー

ある日のスープカレー

別の日のスープカレー

別の日のスープカレー

 

一見シンプルなクラムチャウダーは、実は計算された複雑な味。

玉葱と自家製ベーコンをたっぷり炒め、ハーブやこだわりの野菜、そしてあさりを、自家製チキンストックとクリームソースで溶けるまで煮込んでいます。

玉葱と自家製ベーコン

玉葱と自家製ベーコン

 

洋食のごちそうといえば、ビーフシチュー。

kohukuのビーフシチューは、牛すじとチキンストックの、二種類のコラーゲンが入ったゴージャスなスープ。
野菜もたくさん溶けたとろとろのシチューで、ごろごろ入った野菜を食べるシチューです。

ビーフシチュー

ビーフシチュー

 

kohukuの野菜たっぷりスープは、サンドイッチとも相性抜群です。ぜひお食事にお召し上がりください。

もちろん、小腹が空いたときに、スープだけお召し上がりいただくこともできます。